narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

【超主観採点】仲川 6.0、栗原 4.5、上田 慈夢 6.0、♪おっおーさくーらー 4.0【2017 ルヴァンカップ グループリーグ第1節:横浜 0 v 2 C大阪】

※試合終了後に「超主観=nari目線」の採点を行います。
※偏りと見逃しが含まれますが、そういうものです。
※対象は、その日の「出場選手」「マスコット」「スタジアム演出・イベント」などなどです。

選手採点

f:id:harukazepc:20170316012727j:plain

敗戦での採点は、心苦しいし難しいですねぇ・・・

[GK]

31 杉本 大地 5.5

[DF]

15 新井 一耀 5.5
4 栗原 勇蔵 4.5

リカルド サントスとの真正面からのマッチアップでは、相変わらずの対人能力を発揮。

しかし、1失点目のコーナーでは、相手の狙い通りに混乱させられ、扇原とマークが被ってしまった。
2失点目もマークを外してごっつあんゴールを献上。

キャプテンマークを巻いている以上、この採点結果に。

2 パク ジョンス 5.5

f:id:harukazepc:20170315211354j:plain

ギプス?サポーター?がすごいw
大きな破綻なく90分戦いきった。

28 高野 遼 5.0

フリーキックのキッカーとして、ファーサイドに面白いボールを供給。
前に中に行く姿勢も見られたが、流れの中で目立つことはなかった。

[MF]

8 中町 公祐 5.5
6 扇原 貴宏 5.5

苦い凱旋試合。
自陣中央底からのサイドチェンジを数本見せるも、意思が合わない場面が多く。
まだまだ、練習・試合で連携を組み上げていく段階か。

19 仲川 輝人 6.0

集中して切り替え早く、自陣戻っての守備で貢献。

攻撃時にもボール触る機会が多かったが、サポートする選手がいない場面が多く持ち味だせず。

26 中島 賢星 5.5

受ける・前を向くということが、過去の試合の中でもかなり出来ていたのでは。
チームの方向性の浸透・公平なポジション争いの証左か。

ただ後半は、開始直後の決定機逸、ボランチでの沈黙に。

18 遠藤 渓太 5.0

1vs1の場面を作っていたが、突破・連携ともに中途半端な印象。
もう一度あのタイの感覚を・・・。

[FW]

17 富樫 敬真 5.5

FWとしてゴールに直結するワンプレー。賢星への落としは絶妙だった。

[SUB]

[MF]

35 吉尾 海夏 -
25 前田 直輝 6.0

投入直後に、攻撃時に走り込むプレーで前線を活性化。レギュラークラスであることを証明。

ただし時間の経過とともに、今日のチームに埋まってしまった。

[FW]

16 伊藤 翔 5.0

疲れが見え、万全の状態ではなかった。

スカパー!視聴

実況:若田部 克彦 5.5

解説:上田 慈夢 6.0

試合後のマリノスについてのコメントより。

「再三再四お伝えしたように、個の能力ということを含めて、結構もったいないミスもあったと思うんですね。オフェンス、ディフェンス、どちらも。
でも、これを通過、これを経験しないと、勝利には結びつかないということで、その辺りが我慢の時期、というところだと思いますね。
特にこの年代は、ということですね。」

わかってるぅー!!

試合中には、モンバエルツ監督は育成に長けた監督だ、というコメント多数だったかな。

上田 慈夢 とは

追手門学院大学 教員情報

上田滋夢 - Wikipedia

名古屋のTDだったそうで。そっちの評価はどうだったんですかね。

スタジアム演出・イベント・その他採点

キングサーモン 5.5

f:id:harukazepc:20170315210901j:plain

キングサーモン?

よく見たら、「キングサーモン17」って、背番号入ってたんかーい
今年から西澤明訓の番号「20」だそうで、書き換えたのかどうか、テレビではわかりませんー

てか、2013年には存在するのかこの幕。
ずっとこのかすれ具合なのかすごいなそれは。

♪おっおーさくーらー 4.0

試合終了後、テレビの向こうから流れてくる陽気な歌声。

♪おっおーさくーらー
♪っおっおーさくーらー

www.youtube.com

能天気でア○っぽい歌が、メチャメチャイラつくぜ!

CEREZO(さくら)満開-セレッソ大阪オフィシャル・ソング(初回限定盤)(DVD付)

CEREZO(さくら)満開-セレッソ大阪オフィシャル・ソング(初回限定盤)(DVD付)

disk2の半分は、西澤明訓特集の模様です!

© narilog