narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

J1 1st 10節(vs 磐田)、2 vs 1 勝った勝った勝った勝ったー!!!

20040515-12.jpg

20040515-15.jpg

 岡田マリノスが、逆転優勝を視界にとらえた。アウエーでの首位磐田との直接対決。1−1で迎えた後半19分、右CKを日本五輪代表DF那須大亮(22)が頭で押し込み、2−1で競り勝った。

♪バーーモ F・マリノーーース!おーーれたちのっ ほっこりっ!!!

 バーーモ F・マリノーーース!おーーれたちのっ ”誇り"!!!

勝った勝った勝ったーーーーーー!!

まじ、誇りですよ!!あんたら最高!!!最高・最高の静岡遠征でした!!!

以下、観戦記。

----------

10時すぎに新横浜発こだま乗車。

2時間後、最寄の愛野駅着。こんな感じの駅。ここから歩きですが、遠い、、、。

20040515-1.jpg 20040515-2.jpg

まわりには祭りの時みたいに出店がならぶ。いい雰囲気だなぁ。みんなサッカー好き、一大イベントって感じで。

一時坂を上って、動く歩道に乗っかって、橋渡って、、、と。んで、スタジアム到着。

でかい。スタジアム前の広場が大きいのがとても気持ちいいなぁ。

横浜国際の、街中から急にスタジアムが現れるのとは違って、サッカー見るぞー!って感じ。(?)

20040515-3.jpg

スタジアムに入る。

20040515-4.jpg

スタジアム内にてイベント。小学生がボール蹴って、センターサークルに入るとなんかもらえる、というやつ。お姉さんが夏っぽいというか露出高かったです。

たまに届かない子がいても、ジュビロマスコットが蹴りいれてくれたり。でもそれも毎回じゃなく、基準がよくわからず、助けてもらえなかった子がかわいそう(苦笑

20040515-5.jpg

アップ。メインスタンド側2階席だったのだけど、いつもと違ってアップ中のスタメンの選手たちが近い近い。松田、光ってるなぁ(笑

20040515-6.jpg

試合開始前になると、スタンドもかなり埋まってくる。

20040515-13.jpg

マリノス側ゴール裏。すごいいっぱい、っていうか横浜国際の時と遜色ない感じ。しかも声、すごい大きく、圧倒してました、、、すごいっす。鳥肌。

20040515-14.jpg

選手入場。いやぁ、緊張してくる。。。

20040515-8.jpg

キックオフ!!

20040515-9.jpg

序盤、縦縦の動きがはまりまくる。奥とドゥトラがポジション替えたり、坂田が積極的に飛び出したり、ジュビロを圧倒。坂田の惜しいシュートも出て、いつになく前半からいい感じ!

ジュビロは中盤ボロボロ。グラウもくさび出来ず、ボールに反応できず。

そして、ゴール左からのフリーキック。奥のシュート、、、入ったぁ!!!!

20040515-11.jpg

20040515-12.jpg

うぉおおおおお!!!!おーく、おーく、おーく、おーく、だいすけーー!!

そして続けざまにドゥトラに決定機。キーパーと一対一も、ゴール右へ大きく外す。いや〜な空気。

「これ外して、あとあと響きそうだよなぁ、、、」とかいってると、直後、ロングフィードに藤田が反応、達也が変なタイミングで飛び出しかわされる。

一旦遅らせたものの、藤田ペナルティエリア横からのシュート。松田・那須がゴールをカバーしていたものの、右上に決める。あそこ以外だったら止めてた、というくらい完璧なコース。藤田おそるべし、、、そして達也よー。

# ゴール直後、自分のまわりが歓声、拍手。奥のゴールの時、思いっきり立ち上がって喜んでたが、こんなにジュビロサポがまわりにいたとは(笑

その後、お互いつぶしあいの様相。緊張する展開。

上野さん、今日はすごい精力的な動き、正直ビビル(笑

清水戦でもサイドに開いてえぐってる場面あったが、今日はほんと積極的すぎ。ユの出来が最近にしては良かったから、出てこられたんだろうか。

そのまま前半終了。

同点にされたものの、ジュビロにとってはかなり悪い内容。グラウがまったくいいとこなく(というか中澤が完璧マーク)。

後半。中山投入。ここで投入するのは、確かに後半いっぱいを使って攻撃する、という意味では分かるものの、スタジアムの盛り上がりとか空気を変えることを考えると、引き分けでも良かったことを考えると途中投入の方が良かったんじゃないかなぁ。

とはいえ、確かにジュビロペースに。中山にちゃんとボールが当たり、中盤から押し上げられる。

そこもDF陣の踏ん張り。すごい安定感。那須・中澤がFW二人にしっかり付く。松田はカバーリング、今日も切れてる。前半いくつかチャンスを作ったフィードもよかったなぁ。(でも、もう累積2枚目もらう。。。)

守勢ながらもそこからのカウンター気味の速攻は随所に見られ、スピーディーな展開も。

序盤に速攻からドゥトラのクロス、長い距離走った遠藤がヘディング!!

ドンピシャでJ2点目のヘディングか(笑)、と思いきやキーパーがはじき出す。

コーナーもユにあうものの、惜しくもゴール左。惜しいナァ。

62分、アンに変えて、久保投入。これで、スタジアムの空気的には中山効果が消えた感じ。

すごい痛そうなテーピング。ほんとに大丈夫なのかよ(苦笑

直後、コーナーキックを得る。このコーナーを那須がヘディング!ゴーーーーーーーーーーール!!!

いつもの直立や変な格好でのヘディングではなく、那須にしてはめずらしくきれいなヘディング(笑

(追記:ビデオ見たら、やっぱり必殺直立でした!)

そして奥。いや〜、奥デーだ。すごい。

終盤、カレンロバートが投入される。思ったより盛り上がらなかったなぁ。

あの天皇杯での時のように、飛び出して勝負、という動きがまったくなく、まったく恐くない。よしよし。

あぁ、試合終了まで長い。ジリジリする。うちは逃げ切るのは性にあわないなぁ(苦笑

ロスタイム。フリーキック、コーナーと続くが、なんとかクリアー。

ついに、試合終了!!!!

かかかかっかかかかかっかかっかかかかかかかかかかかっかかかかかかかかかかっかかったーーー!!!

20040515-15.jpg

松田直樹が何度もガッツポーズ。すげぇうれしそう。ってかうれしーよ!やったよ!感動したよ!

今日のDF陣はほんと完璧だったなぁ。ほんとにこれぞ「つぶしあい」だったから攻撃面では面白い場面は少なかったけど、うちのDF陣の対応見てて面白かったし。

とはいえ、福西・名波の不在による影響はやっぱ大きかっただろう。

中盤のパス回し、プレッシングはジュビロっぽくなかったし、特に前半は奥がフリーになる場面が多く、そこからチャンスメイクできていたし。

うちとしては、お互い体力的にボロボロでこういう展開になるのはみえていて、実際チャンスは少なかったが、去年のようなリスタートの強さが戻ってきて、これはほんとに強みというか、今後生きるなぁ、と。

試合後のコメント。

【岡田 武史 監督(横浜 F・マリノス)】

きょう勝利をおさめることはできたがひとつハードルを跳んだからといって、次のハードルが低くなるわけではない。ひとつずつ全力で向かっていくしかない。

そうです、まだ勝ち点差が3もある。

見てる側はそういえるけども、実際闘っている選手・スタッフたちは体力的にきつくなっているだろうけど、岡ちゃんからこういうコメントが出てくるということは、彼らはまだまだ気持ちを切らずに闘っていくという決意なんだなぁ、と。うれしい一言。

さぁ、尻尾つかんだぞ!!

こけるのを期待しなければ行けないのは変らないものの、去年と近い展開に。

あきらめずにやることをやる。そして結果を待つのみ。うぅ、早くも泣きそう(笑

Go The Distance!

本日は、大変気持ちよく、帰途に着きました。

20040515-16.jpg

© narilog