narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

【超主観採点】中澤 6.0、山中 6.0、クリスティアーノ 6.5、ヤマトン 7.0、リトルマーメイズ 7.0、フラッグ振りまくる君 7.0【2017 J1リーグ 第26節:横浜 1 v 1 柏】

※試合終了後に「超主観=nari目線」の採点を行います。
※偏りと見逃しが含まれますが、そういうものです。
※対象は、その日の「出場選手」「マスコット」「スタジアム演出・イベント」などなどです。

  • 選手採点
    • [GK]
      • 21 飯倉 大樹 5.5
    • [DF]
      • 13 金井 貢史 5.5
      • 22 中澤 佑二 6.0
      • 2 パク ジョンス 5.5
      • 24 山中 亮輔 6.0
    • [MF]
      • 8 中町 公輔 5.5
      • 6 扇原 貴宏 5.5
      • 20 マルティノス 5.5
      • 14 天野 純 5.5
      • 10 齋藤 学 6.0
    • [FW]
      • 17 富樫 敬真 5.5
    • [SUB]
    • [DF]
      • 27 松原 健 5.5
    • [MF]
      • 5 喜田 拓也 5.5
  • 対戦相手採点
    • [FW]
      • 9 クリスティアーノ 6.5
    • [サポ]
      • 柏サポ(動員) 5.5
  • スタジアム採点
    • 雨の日産スタジアム 6.0
  • マスコット/ゲスト採点
    • マリノス君 6.0
    • マリノスケ -.-
    • ヤマトン 7.0
  • スポンサー採点
    • NONIO 5.5
  • サポーター採点
    • ビックフラッグ 7.0
    • バクスタ2階でフラッグ振りまくる君 7.0
  • スタジアムグルメ(スタグル)採点
    • かもめ軒 5.5
  • スタジアム演出・イベント・その他採点
    • ゆかたフェス 5.5
    • 東ゲート広場、横浜の街のボード 6.0
    • ピンバッジ「オナガ」&「シュウマイ」 6.5
    • 屋根工事 6.0
    • リトルマーメイズ 7.0
    • トリコロールギャラクシー 7.0

選手採点

f:id:harukazepc:20170919165518j:plain

f:id:harukazepc:20170918200127j:plain

f:id:harukazepc:20170918200128j:plain

[GK]

21 飯倉 大樹 5.5

[DF]

13 金井 貢史 5.5

序盤はポゼッションへの関与に加え、積極的な・やりきる守備で、稼働範囲広くゲームに入れていた。

その後の非カウンターでのプロフェッショナルファウルでイエロー、続いた右サイドでの微妙なファウル。これで守備の当たりが半減し、ハモン・ロペスとの体格的ミスマッチでチャンスを作られる場面が。

後半途中の松原への交代は、ホームで1-0逃げ切り体制を考えても妥当。

22 中澤 佑二 6.0

相変わらずぶれない・安定した守備技術、そして今日はチーム全体の前から行く守備にスイッチを入れる楔への激しいチェックがすばらしかった。

中澤佑二はほんとにかっこいいなおい!

2 パク ジョンス 5.5

クリスティアーノとのバトルにも引かず、いつも通り攻撃への関与も見せてくれた。

24 山中 亮輔 6.0

好調キープ。カピタンへアシスト。

守勢時、左サイドを連携で崩してくる相手には、やや後手というか、裏を取られることも見られるが、それを補ってあまりある攻撃での貢献。攻撃は最大の防御なり。

[MF]

8 中町 公輔 5.5
6 扇原 貴宏 5.5
20 マルティノス 5.5

守備に奔走。シュビティノス。よくやりきったー!

14 天野 純 5.5
10 齋藤 学 6.0

初ゴールはすばらしいゴールだったけど、やはり追加点が必要だったし、それを取るのが学の仕事さ!

[FW]

17 富樫 敬真 5.5

産みの苦しみ感。攻守にどのプレーを選択するか。迷わず行って欲しいー。

[SUB]

[DF]

27 松原 健 5.5

[MF]

5 喜田 拓也 5.5

あれをファールと取るかは、かなり人によって変わりそう。

レフェリーは目の前で見ていたので、「判断を間違った」のではなく、「判定基準が間違っていた」と取るか否か。

寄せなければそのままゴール前でのシュート体勢だったわけで、必要なプレスバックであったことは確かか。

対戦相手採点

[FW]

9 クリスティアーノ 6.5

ゲームが進むにつれ、怪我の影響もあったのか、影が薄くなっていたが。

そんな中、終了間際のフリーキック。飛んだ扇原を越えて、サイドネットに落とし込み突き刺す。

2周連続でスーパーなゴールを喰らうとはねぇ。。。セーフティーリードのための2点目、ほんと大事だし取りたい。

[サポ]

柏サポ(動員) 5.5

「フェアプレー フェアサポート」のアナウンス時に、電光掲示板の広告も黄色くなって、だいたい黄色に・・・

f:id:harukazepc:20170918200117j:plain

続きを読む

【超主観採点】飯倉6.0, ミロシュ 4.5, 松原 4.5, 天野 5.0, カブ 6.0 & パンダ 5.0, コレオグラフィ 7.5【2017 J1リーグ 第25節:横浜 0 v 3 川崎】

※試合終了後に「超主観=nari目線」の採点を行います。
※偏りと見逃しが含まれますが、そういうものです。
※対象は、その日の「出場選手」「マスコット」「スタジアム演出・イベント」などなどです。

  • 選手採点
    • [GK]
      • 21 飯倉 大樹 6.0
    • [DF]
      • 27 松原 健 4.5
      • 22 中澤 佑二 5.5
      • ミロシュ デゲネク 4.5
      • 24 山中 亮輔 5.5
    • [MF]
      • 6 扇原 貴宏 5.0
      • 5 喜田 拓也 5.0
      • 10 齋藤 学 5.5
      • 14 天野 純 5.0
      • 20 マルティノス 5.5
    • [FW]
      • 7 ウーゴ ヴィエイラ 5.5
    • [SUB]
    • [MF]
      • 8 中町 公輔 5.5
    • [FW]
      • 17 富樫 敬真 5.0
  • 対戦相手採点
    • メイン側のボールボーイ 5.0
  • マスコット/ゲスト採点
    • カブ(カブレラ) 6.0 & パンダ 5.0
    • 椿鬼奴 6.0
  • サポーター採点
    • ビッグフラッグ 7.5
    • コレオグラフィ 7.5
    • 試合終了後の反応 8.0

選手採点

f:id:harukazepc:20170911082444j:plain

f:id:harukazepc:20170910184457j:plain

f:id:harukazepc:20170910184436j:plain

ホームでの対戦では、川崎が横浜を「リスペクト」しすぎて自滅。
今回の対戦では逆に、横浜が川崎を「リスペクト」しすぎて自滅。

もう一度、お互いが恐れずフルパワーで激しく戦う、次の対戦はぜひそうありたい。

準備していたという、最後尾からの細かい連携で川崎のプレスをずらし崩していくのボール運びは、結果的に狩場になりショートカウンターの餌食に。

この対戦を糧に、この体験を糧に。

[GK]

21 飯倉 大樹 6.0

序盤失点直後の、扇原パスミスからの憲剛シュートストップ、後半被カウンターからの阿部のほぼ1対1セーブ。

どちらもキーパーにストップするチャンスがある場面で、きっちりと反応良く止めきったのは大きなプレーだった。

[DF]

27 松原 健 4.5

序盤のパスミス、ポジショニング、プレーセレクト、すべてが消極的で右サイドの停滞を招いた。

「勝ってるチームはスタメン変えない。」なら、次は13でしょ。

22 中澤 佑二 5.5

自分のできる範囲ではやりきったものの、落ち着かせる・判断よく指示を与えることはできなかったか。

ミロシュ デゲネク 4.5

2失点に絡む、マリノスでの試合では見られなかった低調なパフォーマンス。

どちらも安全なクリアを選択できていれば、という結果論ではあるが、その判断ができないコンディションだったということか。

24 山中 亮輔 5.5

学との関係性は作れていたものの、持ち味を十分には発揮できず。

無力感に襲われたか、試合終了からずっと顔を上げられず。悔しい経験を糧にして欲しい。

[MF]

6 扇原 貴宏 5.0

2点目の自責点0.5か。ミロシュとの意思疎通・はっきりしたプレーが必要だった。前半序盤のミスパスからの被決定機を含め、底でもらうためのDFとの連携を深めて欲しい。

ボール保持時には、らしいサイドへのミドルパスも見られたが、得点を産むための思い切ったプレーは出せなかった。

5 喜田 拓也 5.0

持ち前のアグレッシブな守備を披露する機会が少なかった。

川崎を構えて迎えうつ、というチーム戦術の中で、持ち味を半減させてしまった面が大きいか。「リスペクトしすぎた」。

10 齋藤 学 5.5

カウンターで預けられて単独突破、なシーン多数。

それだけ頼られる存在だし、実際にドリブルから切れ込み、相手守備陣を翻弄してのパスは多かった。

14 天野 純 5.0

パスを出すのも受けるのも、タイミングや意図がずれる場面が多かった。

気持ちがはやってしまっていた印象。ここでも「リスペクトしすぎた」ということなのだろうか。

20 マルティノス 5.5

最初のアーリークロスを、ウーゴが決めていれば。。。

今日は本人も割り切っての守備機会多数。エゴイスティックな部分もありつつ、チームに貢献しようとする姿勢が現れていた。

[FW]

7 ウーゴ ヴィエイラ 5.5

ワンサイドゲームの中で、ワントップが活躍する機会が少ないのは自明。マルちゃんのアーリークロス、決めたかった。

[SUB]

[MF]

8 中町 公輔 5.5

ビルドアップ&セットプレーのターゲットとして投入されるも、ボールを受ける機会が作れなかった。

[FW]

17 富樫 敬真 5.0

あの状況で2トップとして入っても、まだ日の浅いウーゴを含めた連携は難しいか。

対戦相手採点

メイン側のボールボーイ 5.0

試合序盤、スローインのボールをうまく渡せず、時間がかかり。。。

直後にスタッフやら関係者やらからレクチャーされてました。ので、本人は悪気があったわけではなかった模様。今度は頼むよボールボーイ君。

f:id:harukazepc:20170910184557j:plain

続きを読む

僕と松田直樹 #ミスターマリノス

f:id:harukazepc:20170804134143j:plain

本日は、松田直樹(1977.03.14~2011.08.04)の7回忌。

過去記事で振り返る、nariと松田直樹。

逝去を受けて

blog.narilog.com

その前年、退団に際して

blog.narilog.com

僕とマリノスとの邂逅は、松田直樹が導いてくれたものでした

blog.narilog.com

松田直樹が(いろんな意味で)躍動していた試合など

2003復帰初戦、途中出場→退場

blog.narilog.com

完全優勝のかかる最終節、ウイルス性腸炎&右腹部炎症でも「行くつもり」宣言

blog.narilog.com

そりゃぁ出たいだろうて。

オーバーラップしたまま。岡田監督に「おまえのポジションはどこだ」と怒鳴られる(フォーメーション図あり)

blog.narilog.com

最終的には、FWを追いやって居座ります。

衝動

blog.narilog.com

「相手をふっ飛ばす為にプレーしてるんだって目覚めた」 「オレの7枚はプレミアでは出ないと思っているから」 「自分のプレーに自信があるから審判に文句が言える」

直樹のゴールで、テンションおかしくなる俺

blog.narilog.com

2006ワールドカップについて、小倉さん@とくダネが言及

blog.narilog.com

マグロンと松田でおぜん立てした、山瀬功治復活祭

blog.narilog.com

マグロン・・・フィットしてたら・・・

2006ホーム最終節、勝手にキレる

blog.narilog.com

無意味な抗議・審判挑発・退場・キャプテンマークを投げ捨てる・ふて腐れる

以上です。

2011.08.04 当時のFMBH上の記事

松田直樹が逝去した、2011年8月4日。
当時のFMBH上の記事をまとめさせてもらいました。*1*2

2011.08.04 逝去

hiroaki1024.pokebras.jp

blog.narilog.com

ameblo.jp

aoitamashii.blog21.fc2.com

eimei510.exblog.jp

hamatra.com
直後の柏戦における、喪章着用の呼びかけ

2011.08.05 逝去翌日

Walk on the Wild Side:昨日と今日のマリノスタウン - livedoor Blog(ブログ)
死去翌日、初の練習日。

2011.08.07 逝去後、初の試合(vs柏レイソル)

hiroaki1024.pokebras.jp

gofor2006.blog68.fc2.com

2011.08.08,09 通夜・告別式

マツの周り:横浜F・マリノス新聞系ニュース : 松田さん通夜 横浜の木村監督、全選手が参列へ - livedoor Blog(ブログ)
通夜を迎えてのマリノス・サッカー界の反応

ameblo.jp
直樹との出会いを綴ったエントリ

直樹と通夜と告別式と幕の事。(更新) : 屋根下あだちメモ 通夜・告別式の様子など

2011.08.14 以降

goyoukiba.cocolog-nifty.com

*1:2011のFMBH Awardsでは、直樹関連のエントリは受賞対象外としていました。

*2:引用に問題があります場合は、お手数ですがnari(@fmbh_nari)までご指摘ください。

居ても立っても扇原!(のユニ!)

2017シーズン中断明け後半戦。景気づけ、もしくは気合い入れ。

今週末には中断明け!

居ても

立っても

いられず、

・・・

f:id:harukazepc:20170724202259j:plain

扇原ユニ!*1

だって、いまの扇原、めっちゃかっけーんだもん!!確実に化けかけてるし、ピッチで彼の位置・プレーセレクト・デュエルを追ってしまうしなー。

弊ブログの超主観採点においても、「7.5」連続など軒並み高採点。主観です!

blog.narilog.com

blog.narilog.com

nariの、ユニ買う対象の傾向=「センス見せる」&「ひたむきさ」

うーん俺って、サッカーセンスが垣間見れる、かつ、ひたむきな選手(守備かな)、が好きなのだなぁ。

過去のユニを持ってる、小椋しかり、金井しかり。直樹もそういう面があるよね。

・・・ちなみに、一番最近買ったユニは、「2014年 18 ラフィーニャ」でした!毛色が違う!?w

*1:※アディダスサイトに大きなサイズだけ残ってて、、、俺、サイズ大きいから・・・。

FMBHでマリノス公式モバイルサイトの更新がわかるように!他(ver.10.0へのバージョンアップ)

善良なマリサポならば、1日3回はアクセスしているでしょう(?)、そうですFMBHです。
この夏の中断期間までに、いくつかの機能追加?修正?を行い、バージョンアップしていました!

以下にて、つらつらとご紹介を。

「公式モバイルサイト」のコンテンツの更新情報も掲載開始

マリノス公式モバイルサイトでは、以下のコンテンツが提供されています。

sp.f-marinos.com

  • 待ち受け画像
  • F・マリノスダイアリー
  • ホペイロブログ
  • Food Supporter
  • マッチプレビュー

などなど。

ただ、毎日モバイルサイトにアクセスして、更新されてないか確認・・・は面倒ですよね。(僕は面倒です!
ので、FMBHでモバイルサイトの更新をチェックして、新しいコンテンツが出ていればFMBH上でお知らせできるようにしました!

f:id:harukazepc:20170719220542p:plain

FMBHのスマホ版サイトでも閲覧できますし、PC版サイトでも同様にお知らせ。何気にPCから公式モバイルコンテンツを見るのも、見やすくていいです。

f:id:harukazepc:20170719215056p:plain

※公式モバイルサイトのコンテンツには、有料会員向けコンテンツも含まれております。登録会員でないと閲覧できないものもあります。

もちろん、FMBHのtwitterアカウント、facebookページでも公式モバイルサイトの更新が流れてきますよー。
こちらもぜひフォローしてみてくださいませ。

twitter @fmbh

facebook FMBH.jp

画像取得の見直し&画像版をデフォルトに

各ブログの記事について、写真・画像の掲載がある場合はなるべく取得して、ヘッドライン上に表示するようになっています。
これまでもそうしていたのですが、ちょっと処理が悪くて写真・画像をうまく抜き出せなかったのを改善しました。(まだ出ないのもありますごめんなさい)

f:id:harukazepc:20170720002325p:plain

その処理見直しにあわせて、PC版での表示モードを、基本「画像あり版」を表示するように変更しました。

f:id:harukazepc:20170720002639p:plain

昔の「画像なし版」や、「1blog1エントリ版」で利用したい場合は、上記リンクをクリックいただければ、以降はそのモードでの表示となりますー。

追加ブログの紹介

その間、マリノス系ブログもぞくぞく?追加していましたので、ここでご紹介を。

マリノスケラー日記

マスコットブログ!また増えましたw 他のクラブのサポでも、マスコットブログやってるのかなぁ?

2羽のキレイな写真と動画をいつも楽しみにしてます。

marinosukeler.blogspot.com

Web Magazine hamatra

中の人やってます!

www.webmagazine-hamatra.com

In this Corner of the Nissan Stadium

2階バクスタの誇る、♪空前絶後のぉー!超絶怒涛のぉー!ガムテゲーフラサポ!

試合を中心とした1日の記録になっていて、当日の空気感が伝わる文章でおもしろいですね!

blog.livedoor.jp

ゴール裏から愛をこめて!(祝・ブログ化!)

「男は黙ってテキストオンリー」!

そんなパワーワードでマリサポ・ネット界の異端児?としての地位を不動のものにしていた「ゴール裏から愛をこめて!」。
更新のたびに上書きするそのスタイルは、潔く美しくもあり、儚くもったいなくもありました。

が、ついに2017年5月にブログへ移転!!!

これによって今後は、あの熱い(暑い)文章がストックされていくという、すばらしい展開ですありがとうございます(?)

blog.livedoor.jp

あ、FMBHは「13周年」を迎えました

毎年忘れてしまうのですが、FMBHは「2004/07/12」に開始しました。後に、日スタ河合竜二ヘッド→埼スタドゥトラコロコロPKで、2連覇を果たす、その5か月前でした。

blog.narilog.com

というわけで、13周年。14年目をスタートしました。

うーん、そんな昔に思えない不思議。楽しくサッカー見てきたからでしょうね。

バージョン Ver.9.0 → Ver.10.0

そして、FMBH(の独自のシステム)のバージョンは、9.0から10.0へ。なんか区切りっぽいなー?

ので記念に、マリノスケに新しいパソコン買ったげた

PC版のトップでパソコン使ってるマリノスケ。

ド派手な青色のCRTディスプレイを使ってました。いつの時代・・・てかもしや、CRTディスプレイを知らない世代が多い!?

マリノスケよ、そろそろパソコン買い替え時かな、と一念発起。

f:id:harukazepc:20170720012207p:plain

最新のノートPCをプレゼント(てか支給)!さっそくエンブレムを貼った模様。きっとそのうち小5にして、スタバでノートPC広げるやつデビューかもな!?

紹介は以上。今後ともご利用おねがいいたします!

いつもご利用いただけておりますマリサポなみなさま、ぜひご家族お友達にもオススメくださいませ!!アクセスお待ちしております!!

【超主観採点】飯倉 7.0、扇原 5.5、山中 6.5、マリノス君 6.5、どぼくねこ 6.5【2017 J1リーグ 第18節:横浜 1 v 1 G大阪】

※試合終了後に「超主観=nari目線」の採点を行います。
※偏りと見逃しが含まれますが、そういうものです。
※対象は、その日の「出場選手」「マスコット」「スタジアム演出・イベント」などなどです。

  • 選手採点
    • [GK]
      • 21 飯倉 大樹 7.0
    • [DF]
      • 13 金井 貢史 6.0
      • 22 中澤 佑二 6.0
      • 2 パク ジョンス 6.0
      • 24 山中 亮輔 6.5
    • [MF]
      • 6 扇原 貴宏 5.5
      • 8 中町 公祐 5.5
      • 10 齋藤 学 5.5
      • 14 天野 純 5.5
      • 33 ダビド バブンスキー 5.0
    • [FW]
      • 7 ウーゴ ヴィエイラ 5.5
    • [SUB]
    • [DF]
      • 34 ミロシュ デゲネク -.-
      • 27 松原 健 5.0
    • [MF]
      • 25 前田 直輝 6.0
    • [FW]
      • 17 富樫 敬真 5.5
  • 対戦相手採点
    • [サポ]
      • 広島サポ(動員) 5.0
  • マスコット/ゲスト採点
    • マリノス君 6.5
      • 開門前東ゲートにて
      • 選手入場時
      • 試合中
      • ハーフタイム
    • マリノスケ 5.5
    • どぼくねこ 6.5
    • イコットJr. 5.0
    • 波戸さん 6.0
  • サポーター採点
    • ビッグフラッグ 7.0
  • スタジアムグルメ(スタグル)採点
    • ステーキ専門店 どんなもん 田村店(キッチンカー)
      • ステーキ丼 800円 5.5 (冷めてから食べた)
  • スタジアム演出・イベント・その他採点
    • 入場時配付「うちわ」 6.0
    • ピンバッジ「宮島」 6.0

選手採点

f:id:harukazepc:20170711160551j:plain

[GK]

21 飯倉 大樹 7.0

冴えるシュートストップ!
この日はいつも以上に、安定感・頼りがいのある最後尾でした。

「安定感ある飯倉」という文章に、すごいなんかむず痒い・違和感を感じてしまうのは良くないですねwww

[DF]

13 金井 貢史 6.0

f:id:harukazepc:20170711131652j:plain

対面は柏。抜ききられる、やらせることは少なかったが、試合の大半は自陣でのケアだったか。

22 中澤 佑二 6.0

f:id:harukazepc:20170711131650j:plain

2 パク ジョンス 6.0

実質第四のセンターバックなジョンスだけど、ふつうに見ていられるのは本当にありがたいというか、層の厚さ・伝統の堅守を体現。

「22・2」コンビも違和感なし。

f:id:harukazepc:20170711131701j:plain

今後も彼の活躍の場を与えたいが。。。外国籍枠だし、レンタル修行は難しいのかなぁ。

24 山中 亮輔 6.5

f:id:harukazepc:20170711131653j:plain

守備面が大きく改善!持ち前のスピード・クイックネスを、詰める・構える・追うの判断に合わせて発揮。すげぇな山中。

この日のパフォーマンスだと、サイドバックの序列は「山中」>「金井」>「松原」か?下平がどこに入るのか。
ここも激戦区。僕は金井厨ですが、今後も楽しみ!

[MF]

6 扇原 貴宏 5.5

相変わらず、攻守に縦横無尽。泥臭い面も多く、ほんとうちに来るまでこんな「気持ちいい」選手とは思わなかったよ!

失点は、中盤からアンデルソン・ロペスを扇原が捕まえられずに振り切られ、マーク無くペナ内で浮いたところで決められる。
それまでアンデルソン・ロペスは、追っても迎えても押さえていたのに。。。あぁ、残酷。

神様は「まだまだ走り足りないよ」って言ってる模様。がんばれ扇原。もっともっと泥臭く。

煽り動画から。ほんと「力のすべてを解放」しかけてるよ!

f:id:harukazepc:20170711131654j:plain

f:id:harukazepc:20170711131655j:plain

8 中町 公祐 5.5
10 齋藤 学 5.5

シュート練習中の写真。小さくたたまれたまなぶ感。

f:id:harukazepc:20170711131646j:plain

煽り動画からも。

f:id:harukazepc:20170711131649j:plain

f:id:harukazepc:20170711131651j:plain

シュートへ持ち込む場面は増えているが、もうどうしたって今シーズンはアシストが決まりまくる。ピッチで何が起きているか・何が起きようとしているかが見えているということだろうだから、個人的にはアシスト量産も凄い事だと思っているけど。

まぁでも、本人もサポも、ゴールですっきりしたいかw

14 天野 純 5.5
33 ダビド バブンスキー 5.0

うーむ、中に絞る・底に落ちるという動きの中で、球離れが悪くなかなか状況を好転できず。でもオプションとして担えるようになっても欲しいところ。。。バブちゃん!

ところで。

ウォーミングアップなのですが、ミロシュ・バブ・ウーゴの3人(マルちゃんも)は、アップもパンツは試合用のやつ(白)。

f:id:harukazepc:20170711131643j:plain

みんなはアップ用のパンツ。なんか意味があるんかなー?いつも気になってます。。。

f:id:harukazepc:20170711131644j:plain

[FW]

7 ウーゴ ヴィエイラ 5.5

前田ゴールのアシストの1/2は、ウーゴがDFをニアサイドに引っ張った事。大事な貢献、ナイスプレー。

[SUB]

[DF]

34 ミロシュ デゲネク -.-

f:id:harukazepc:20170711131657j:plain

出場機会なし。中断明け・合宿後に、センターバックはどの2人になっているか・・・。

撮った写真を。ミロシュのフィード送るフォームが好きです。

f:id:harukazepc:20170711131647j:plain

f:id:harukazepc:20170711131648j:plain

27 松原 健 5.0

[MF]

25 前田 直輝 6.0

ゴール場面、素晴らしい飛び込みにトラップミスも冷静に押し込む。なんだか持ってる前田。

ただ、途中交代の中で守備への貢献が少ないと感じ・・・守勢時に中盤・前目で浮いてしまって、効果的なアプローチが見られず。そこが欲しいんだよぉ。

[FW]

17 富樫 敬真 5.5

対戦相手採点

[サポ]

広島サポ(動員) 5.0

弾幕など、スタンドを横長に使うパターン。ビックフラッグラメ素材?でキレイですな。

f:id:harukazepc:20170711131659j:plain

続きを読む
© narilog