読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

【観戦記&写真】試合終了後にまで「覚悟」を体現した、「チーム」ということ。学ンスキーウーゴ前田おめ!【2017 J1リーグ 第1節:横浜 3 v 2 浦和】

横浜 F・マリノス & J-league 試合観戦記 マリノス君 ホーム J1リーグ戦 DAZN

これから「チームを作っていく」という、明確な意志。

f:id:harukazepc:20170225143844j:plain

異次元な学の2アシスト、新外国人選手が結果を出し、ロスタイムに逆転勝利。

相性がめちゃめちゃいい開幕浦和戦(5勝1分?)に、また勝ったぞー!

という試合内容だけでなく。

キックオフ前の円陣。パンゾーがいなくなったことで、みんな頭を輪の中に。 f:id:harukazepc:20170227021207j:plain

試合終了後、ピッチで再び円陣のあと、全員でベンチへ。そしてあちこちで握手・抱擁。
ヒーローインタビューが今年からゴル裏→メイン前に移動したこともあってか、そのままベンチ前で見守る選手達。 f:id:harukazepc:20170225143134j:plain

そしてスタジアムを回って、ゴール裏へ。
挨拶の後、マンオブザマッチ表彰。これも選手達は置いて帰らずに、みんなで祝福。 f:id:harukazepc:20170225143844j:plain

学はもちろん、他の選手(副キャプテン達、金井など)も「責任感を持って、新しいチームを作っていく」という発言を多く耳にしたけど、まさかこんなにさっそく行動で示してくれたのは、サポーターにとってはとても良い驚きだったのではないでしょうか。

口で「チームワーク大事」って言うのは簡単で、行動に移すのは大変だし、それに選手達がついてくるかなんて不安だったらできないわけで。
新加入選手、新外国人選手、若手とベテラン、同じ意識があって、確信があって、できること。

個人的にはこの試合後の風景が、もっとも「覚悟」を見せつけられた場面でした。

新しい横浜F・マリノス、みんなで創っていこう!!

以下、写真など。

2017開幕戦の写真

西ゲート
f:id:harukazepc:20170225103522j:plain

東ゲート
f:id:harukazepc:20170225101439j:plain

相変わらず無骨な要塞、日産スタジアム。
f:id:harukazepc:20170225104328j:plain

トリコロールランド盛況
f:id:harukazepc:20170225102244j:plain

DAZNさま
f:id:harukazepc:20170225101643j:plain

ジャージ&バンデーラ。うーん今年もきれい!
f:id:harukazepc:20170225123307j:plain

スイングパノラマ
f:id:harukazepc:20170225123334j:plain

入場。アンセム音量ちっちゃかった?個人的には盛りあがる方が好きだな。
f:id:harukazepc:20170225123148j:plain

マリノス君定位置。終盤は抱きついたり立ちっぱなしだったり。
f:id:harukazepc:20170225140536j:plain

齋藤学。10番。キャプテン。
f:id:harukazepc:20170227021113j:plain

選手紹介動画(からの画像)をいくつか

毎年毎年カッコイイ、選手紹介動画&民衆の歌動画。
選手動画は、コメントの時の白地のやつが、すげーかっこいいですね。

ピックアップ!

f:id:harukazepc:20170227015938j:plain

f:id:harukazepc:20170227020026j:plain

f:id:harukazepc:20170227020106j:plain

f:id:harukazepc:20170227020408j:plain

f:id:harukazepc:20170227020330j:plain

f:id:harukazepc:20170227020249j:plain

f:id:harukazepc:20170227020722j:plain

f:id:harukazepc:20170227020657j:plain

f:id:harukazepc:20170227020435j:plain

f:id:harukazepc:20170227020613j:plain

f:id:harukazepc:20170227020545j:plain

f:id:harukazepc:20170227020950j:plain

f:id:harukazepc:20170227020929j:plain

試合感想

左サイドの差し合い。

というより、浦和森脇、横浜松原の両右サイドがあきらかに脆く、お互いウィークポイントに差し込まれる展開。
松原は、マルちゃんとの連携不足はあったとしても、1対1、カバーリング、詰めるタイミングなど、諸々きつい感じ。
対面しているの、宇賀神ですぜ・・・宇賀神にえぐられるのは勘弁してほしいな(苦笑
後半はボール保持できるところでは攻撃に絡めていたので、守備に回らない時間を作る、というのも大事な気がしました。

一方森脇は。学のシチュエーション練習のように、あっさり何度も抜かれてくれました。まぁごっつぁんです!!w

そして今季は中央でフィニッシュできる。

そして浦和守備陣が学に寄せる→中央空く。
フリーでもらって、ミドル一閃!そこから2点。バブちゃん!前田!
今年は、サイドを見せてから、中央でフィニッシュできるのか! 喜田君もミドル練習してるし、あまじゅんも流れの中で中央進出できれば、あたらしい形が生まれかけてるのかもね。

この試合についての他の記事

blog.narilog.com

blog.narilog.com

© narilog