読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

辞退一転、南米選手権はnariジャパンで臨む!

4/1 横浜 F・マリノス & J-league

 

ナリの周り:横浜F・マリノス新聞系ニュース:辞退一転、南米選手権はnariジャパンで臨む!

 

震災の影響により、今夏のJリーグの過密日程が予想されるため、

日本代表は招待されている南米選手権(アルゼンチン)を辞退する方向であったが、

1日、日本サッカー協会(JFA)は日本代表メンバーではなく、

元日本代表監督(など)を歴任したnari率いる「nariジャパン」の派遣を決めた。

 

nari氏はザッケローニ日本代表監督とも親交がある、日本を代表する指導者。

毎年発表されるベストイレブンは、その個性的な顔ぶれ/システムから

多くのサッカーファンの支持を集めていた。

そんなnari氏率いるnariジャパン、今年はメッシ率いるアルゼンチンを含め、

強豪揃いの南米勢との対戦が決まった模様だ。

 

 

上記報道を受けて、詳しい話を以下の通り nari氏 に伺った。

 

 

 

記者「(・・・今年は南米選手権の代表ネタか・・・パンチよえぇなぁ・・・)」

nari「やぁ、1年ぶりだな」

記者「・・・お久しぶりです。コパアメリカ、突然の発表ですね。」

nari「まぁ話は進めていたんだよ。折角招待されている、しかもこれ以上無い舞台。海外組だけでの編成やU-22の派遣なども検討されたのだけどね。」

記者「てか、nariジャパンって、ぶっちゃけブログ集団ですよね。」

nari「 」

記者「(無視、ってか意識飛ばしたな、、、)」

nari「知っての通り、日本は(非)公式サッカー世界王者なのだよ。いつ何時、誰の挑戦でも受ける。それが王者なのだよ。」

記者「王者は日本代表チームですよね?」

nari「 」

記者「(無視決め込むなよ)」

nari「先日の壮行会(FMBH Award 2010)では、多くのファン/サポーターと交流でき、多くの期待を背負っていることを感じた。王者として、正々堂々、戦ってくることを誓います!」

記者「突然の宣誓!?」

nari「・・・さぁ、そろそろ今年のスタメンを発表しようではないか!」

 

 

 

      ゴール裏から愛をこめて  ひろあき放浪記

 

   裏マリノスとアンパンマン         LooseBlog

 

         新・横浜御用牙  屋根下あだち  

 

 なかじの道   +WORLD'S〜   Take a Walk〜  マツの周り〜

 

               こけまり

 

 

GK 1. こけ(苔)がトリコロールになるまで横浜F・マリノス(こけまり)

DF 3. マツの周り

DF 30. Take a Walk on the Wild Side

DF 4. +WORLD'S END CAFE+

DF 7. なかじの道

MF 12. ★新・横浜御用牙

MF 29. ★屋根下あだち

MF 10. ★裏マリノスとアンパンマン

MF 25. LooseBlog

FW 11. ★ゴール裏から愛をこめて

FW 9. ★ひろあき放浪記

 

※「★」は今年度初スタメン抜擢

 

 

記者「おおー。今年も豪華ですねぇ。」

nari「トリッキーな選手と、ガチな選手と、かなり際立っているスタメンだな。」

記者「おっしゃっている意味が良く分かりませんが。」

nari「まぁいい。では紹介しよう。GKこけまり。」

記者「いつもどおりですね。」

nari「そういつもどおりだ。その安定感たるや揺るぎない。最近は写真も多くてさらに細やかなブログになりつつあるように思える。」

記者「新理事さんがんばれ!」

nari「次、DF。右サイドバック、マツの周り。」

記者「あれ、去年はCBでしたよね?」

nari「コンバート。彼も安定感はぴかいち。最近は1プレーの後にもうひとつ1プレーを繰り出す(追記)。つまらないニュースと思って見逃すと、そっちまで見逃すことになるぞ!!」

記者「おーこわっ」

nari「なにそれ?次、CBは Take a Walk on the Wild Side+WORLD'S〜。」

記者「ダブル勇蔵!?」

nari「そうだ。もう面倒だからこうした!いいじゃないのゆうぞうだもの。」

記者「潔いというか」

nari「Take a Walk〜はスタメン返り咲き。彼女もベテランだが、足しげく通うMTのレポ、しかも練習内容だけでなく、選手の細かい点のレポで幅広いファン層を獲得している。髪切っただのスパイク変わっただのどうでもいry」

記者「どうでも良くないですよwww」

nari「彼女も細かく写真を使っていて、大変読みやすいのも素晴らしい点だ。」

記者「さて、横にならぶのは+WORLD'S〜。」

nari「もうひとりの勇蔵。彼女も安定した活躍を見せる、反町のカラーなのか?ツエーゲンのキャンプレポが載ったりするのもまた一興?」

記者「久保がんばれ古部がんばれ」

nari「左SBは、なかじの道!」

記者「おおおおー(この日一番のどよめき)」

nari「ご存知の通り、昨年は最前線だったが、今年からは一歩引く事になった。ただ、現代サッカーの最重要ポジションで、ボールが無いときの動き・サポート・そして勝負と、新しい活躍が見られそうだ。」

記者「飲んで語れるサイドバック、ですね」

nari「なんだそれは。。。それでは中盤に行こう。」

記者「新・横浜御用牙屋根下あだちメモのダブルボランチですね。」

nari「待望のスタメン入りだな。」

記者「、、、この2人の連携は大丈夫なのでしょうか?」

nari「なにやら呼び捨て問題なるものがあったらしいが、彼らもそこは割り切ってやってくれるだろう。横浜の歴史の重みを、これからもアグレッシブに見せてくれるだろう。」

記者「そしてLooseBlog。」

nari「彼は正直体力が落ちてきているが(え)、それでもプレーの瞬間に輝きを魅せる。彼のような視点はこれからも必要だし、彼以外にも続いて欲しいのも本音だ。」

記者「なるほど。そして逆サイドは、、、裏マリノスとアンパンマン!?」

nari「最近の彼は、特筆すべき活躍をみせている。コーキチさんの枠に捕われずにどんどんネタを引っ張り、さらには自身のアレンジの割合も増えている。これは化ける!」

記者「なんだか押しますね」

nari「特徴のあるブログは、やっぱりがんばって欲しいものだよ」

記者「そういう面もあるのですね。さぁFWですが。」

nari「ひろあき放浪記。彼は昨年、多くの濃いメッセージを送ってきた。彼こそFMBHのストライカーと言って、差し支えないだろう。」

記者「やっとのFW起用、というのも納得ですね。」

nari「そして相棒は、ゴール裏から愛をこめて!」

記者「(えー、、、ブログじゃなくねェ?)」

nari「・・・彼は苦労人、というかかなり昔からの更新を行っているが、昨年FMBHに登録された。だが、彼はマイペースに得点を量産しつづけている。やはり決める形を持っているのは、FWとして大きい。」

記者「そうですね」

nari「彼に勇気づけられ笑わせてもらったファン/サポーターは数えきれないだろう。スタメン入りできて良かった。」

記者「それにしても、、、左サイドの面子が濃すぎませんか?」

nari「いいところに気がついた。だって遊びも欲しくなるよな。」

記者「・・・以上でスタメンの紹介は終了となりますね。」

nari「では、サブ行くぞ。」

 

 

 

GK 21. ☆とうきょうまりさぽぶろぐ

DF 22. Meb

DF 20. ヨコハマ見聞録

MF 2. 50カラットのひとりごと。

MF 14. ゴゴゴゴ59&極道Blog

MF 23. あしたのくすり

MF 19. ☆ある大学院生の日記

FW 18. bmg oN

FW 5. Take-2(たけにぃ)

FW 17. ☆Tricolore Pride

 

※「☆」は今年度初抜擢

 

nari「とうきょうまりさぽぶろぐ、サポ歴の短いというところをむしろ強みに、howtoコンテンツや自身の歩みをみせて、サポ未満な読者のハートをわしづかみ。素晴らしい。」

記者「Mebさんの写真は、相変わらずキレイですね。」

nari「臨場感のある写真たちは、サポにとって、生きる糧になるといっても過言ではない。」

記者「ヨコハマ見聞録50カラットのひとりごと、共に昨年のスタメンから、ということですが。」

nari「今年スタメンに抜擢された面子が強烈すぎただけだ。今年は突き抜けたチーム編成を主軸にしたが、安定・常勝となれば彼らの活躍はかかせない。昨年以上の活躍を見たい!」

記者「ゴゴゴゴ59さんも同様に、、、って、極道blog!?なにこれこわい。」

nari「こわくないよ!ゴッグさんも新しい取り組みを始めている。コアな人たちの声が読めるブログっていうのは、やっぱり面白いし、意味/意義がある。2011 最も注目したいブログのひとつだ。」

記者「あしたのくすりさん、昨年から引き続きで、もう常連でしょうか?」

nari「そうだな。彼女のあたたかい愛情溢れるエントリも、FMBHに必要とされているものだ。」

記者「Take-2もスタメン落ちですね。」

nari「2面性を持つ彼だが、表に出過ぎない方が動きやすいのではないだろうか、という老婆心もある。あと、元ネタがきちんと伝わりきらないことも。オレにだけどな。」

記者「あんたのさじ加減やん。」

nari「しょーがねーじゃん!bmg oNもこれまで通り、1歩置いた視点で、支えていって欲しいと思っている。」

記者「大学院生も入ってるんですね。」

nari「ある大学院生の日記は、とても元気があってよい!キモチが見えるブログのひとつ。あと、ブログのレイアウトがとてもキレイだ。」

記者「・・・」

nari「最後にTricolore Pride。」

記者「あれ、彼は外国籍では?」

nari「いいじゃん帰化選手ということにしようぜ。」

記者「そんな勝手な。。。」

nari「非日本語圏の人たちに向けた発信をおこなっている彼だが、最近の試合レポはただの翻訳でなく、彼から見た試合の感想が綴られている。ぜひ読んでみて欲しい。」

記者「・・・翻訳サイトにお世話になろうかと思います。。。」

 

記者「以上で今年のnariジャパンの全メンバー発表となりますね。」

nari「そうだ。そして例年より早い発表になっただろ?」

記者「うーん、でももう夜ですが、、、。」

nari「ごめんなさい。」

 

記者「では、本日はありがとうございました」

nari「ありがとうさぎ☆」

記者「えっ・・・」

nari「今後ともFMBHをどうぞよろしくおねがいしまつもとっ翔っ!」

記者「・・・」

© narilog