読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

まさかのダイナミズム!さぁ天皇杯。(&試合終了後の件もちょこっと)【2006 Jリーグ 第34節(vsジェフ)、2 vs 0】

20061203-1.jpg

初フクアリ。コーナー自由席アウェイ側2階最前列。

 

あー!!きーもちーい勝利!!

なんだろこの感覚、ほんといつ以来だ、こんな気持ちがいいの。

 

前線から後列まで、プレスプレスチェックチェック!連動した守備。

走ってサボらず(みんなじゃないけど)、若手もベテランも持ち味出して、終盤カウンターでずれて決定機もいくつか作られるも、逃げ切り。

 

たまには箇条書き選手評。

 

・中澤やっぱすごい。今日は久しぶりに凄みがあった。

 

・吉田、先制アシスト!いやぁ、中盤よく走って埋めてた。自分的にはいままでで一番好感の持てるプレー。

 

・ハユマのゴール!ゴール後、ゴル裏に近くまで来て、選手みんなから祝福される。(意味ありげな?)

 こちら側(サポ)を意識してくれる選手。そういう選手って、目が離せなくなるよなぁー。

 

・山瀬にはもうほんと頭が下がる。しっかりキープ、持ちすぎることなく、前線に飛び出したかと思えば、自陣サイドで相手を追い詰める。切れ込んでルーレット、も不発、ゴール見たかった。。。終盤にアウェイゴル裏をあおる姿は、本当にカッコよかった。

 

・裕介、やばい、やばすぎる。体張って(相手削ることも多々)、臆せず。ディフェンスラインでのボールまわしでは、相手の標的にされる場面もありそこは怖かったけど。でも前後によく走り、怖がらずにプレーしている姿は、こっちも元気付けられる。いやー惚れた。来年の自分ユニ候補上位に上がってきた!(首位は山瀬兄)

 

誰に頼るということなく、前線に納める、サイドから攻める、裏を狙う、と攻めのバリエーションも見え。

こんなに次が楽しみになるなんて!さぁ天皇杯。

 

 

---

ドゥトラへ寄せ書き。いっぱい書かれてました。

20061203-2.jpg

 

ダンシンッ!クリスマスコスプレで。露出高め。いいなージェフサポ。

20061203-4.jpg

 

ほんと久しぶりの気持ちのいい、「ぅーーーーおーーいっ!」だったなぁ。

20061203-3.jpg

 

---

試合後の件、自分の見た範囲。

 

 

試合終了。

 

うっぷんのたまるリーグ戦終盤だったマリサポ。盛り上がる。

 

「マリーノス マリーノス F・マリーノース」のチャントが始まる。

(自分は、これが正直必要と感じなかった、むしろ煽っているととられないかと思っていた)

 

その後、永輔・ディド・奥(ベンチ外)・ドゥトラ(ベンチ外)という、退団の決まっている選手のチャント。

 

ここらから、ジェフサポからブーイング。

ジェフイレブンも、ホーム最終戦セレモニーのため、並び出す。

 

しかし続けて去就が微妙な水沼監督のチャント。

 

コールが収まったところ、バクスタ側緩衝帯付近に人が集まる。

(乱闘?その前にあったというペットボトル投げ入れ?は見ておりません。)

 

ジェフサポから「横浜帰れ」コール。

 

 

 

お互いチーム事情の良くない状態。

 

そんな中、アウェイで久々の快勝、天皇杯へ向け盛り上がるマリサポ。

そんな感情にあわせて、数日前に報道された退団する選手たちへのコールを送りたい気持ち。

個人的には、相手ホーム最終戦でもあり、なるべく選手惜別コールだけで、簡潔にコールすべきだったように思います。

 

ジェフ側はホーム最終戦を敗戦。

シーズンを締めくくるホーム最終戦セレモニーでのフロント・選手のコメントに注目していたところでしょう。

そんな複雑な感情の中、アウェイ側で長くコールを続ける相手サポ。

 

そんなお互いの、チーム・選手を思う気持ちが、お互い悪い方へ作用してしまったように思います。

残念としかいいようがないです。

 

ジェフとの試合は楽しみなんです。

お互いのいいところを出し合って、サッカーとしての面白さがグッと出る試合が多い。(うちがやりやすいだけ?)

来年、またいい試合をしましょう。

© narilog