読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

「サポーターのコールに応えなければと思った」by水沼貴史【2006 Jリーグ 第28節(vs鹿島)、2 vs 1】

横浜 F・マリノス & J-league J1リーグ戦 試合観戦記 ホーム マスコット

また鹿島に勝ったよ!

(ナビスコはアウェイゴール敗退だったけど)

 

シュート打った打たれたな試合の中、決定力で勝利、か。

サカティのヘディングは打点・コース共に最高!

山瀬の逆サイドへのグラウンダーのゴール。

その前の久保の動き出しにしびれたー。あの動きだよアノ動き!

ワンプレー前にはパスミスしたけど、この山瀬へのパスはきちんと足元に。

 

ただ、失点した場面はほんと失点すべくして失点したというか。

後方からのフィードに坂田が競って抜け出したと思ったら、ファールの判定。

選手およびスタジアム全体がレフリーへの不服をあらわす中、鹿島は普通に繋いで詰めて得点。

ほんとセルフジャッジ・集中切らす場面が多いよなぁ。。。

 

深井の敵ながらすばらしい飛び出し・トラップからのシュートも凌ぎ、なんとか勝利。

 

 

オフィシャル試合レポートの水沼さん談話から。

水沼 貴史 監督(横浜 F・マリノス)

勝利できて、ホッとしました。本当にうれしかった。モチベーションが難しい中、選手たちは自分たちでモチベーションを高めてくれた。最後は、苦しい場面が連続したが、それでも頑張って勝利をもぎ取ってくれた選手たちに感謝したい。

前半、先制して、追加点を奪って、そこから1点を返されてジリ貧になったが、原因ははっきりしていたので、ハーフタイムでそこを修正した。

 

 

修正点って、どこでどういう指示だったんだろ。誰か僕に解説してください!!!(苦笑

 

 

試合前、ウォーミングアップのときにサポーターのコールを全部聞いていて、これだけ必死で応援してくれるのだから、何としても応えなければいけないと選手たちに話をした。それに、きっちり結果を出してくれた選手たちに感謝したい。

 

こちらを向いて・意識してくれる監督・チームって、やっぱ単純にうれしいなー。

 

 

秋空の下、相手が鹿島でもあり、気持ちいい勝利でした!

 

 

--写真など--

 

1.新キャラ登場。「ちょきちゃん」

20061021-1.jpg

 

J'sゴールの写真見たら、、、握手を求めるその手はハサミがついてるじゃないか!(危ない

 

2.サカティのインタビュー

20061021-2.jpg

© narilog