narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

ドイツへの最終メンバー発表!【for FMBHユーザのみなさん】

fmbhyuni06.jpg

 

スポーツナリ | ニュース | ドイツ最終メンバー早くも決定! nariキャプテンインタビュー

 

エクアドル戦の結果を受け、ドイツ最終メンバー早くも決定! nariキャプテンインタビュー

 

 日本サッカー協会は、4月1日、2006ドイツワールドカップ日本代表の最終メンバーを、登録締め切り1ヶ月以上も前ながらも決定し発表した。

 前倒しでの発表の理由は、これまでの親善試合で露見した連携不足の解消のため、早期メンバー固定と合宿組み込みのためと思われる。

 主にエクアドル戦の結果を踏まえてのメンバー発表かと思われるが、ベテラン・若手、海外組・国内組のバランスの取れたメンバーとなったようだ。

 

 ジーコ「大会直前までメンバーを絞らず、特にFWに関しては争ってもらうつもりだった。玉田、巻、佐藤寿人などの台頭もあったが、そろそろ日本代表というファミリーを固める必要が出てきた。選考基準は日本代表たる実力のある選手ということが第一だが、最後まで勝利への執念を燃やしてくれる選手を選んだ。」

 

以下、先日川渕キャプテンのあとを引き継いだnariキャプテンとの一問一答。

 

--------------

記者「まず、キャプテン就任おめでとうございます。」

 

nari「ありがとうございます。」

 

記者「昨年の今頃は代表監督、今年はキャプテンと慌しい日々が続いているようですね。」

 

nari「そうですね、4月1日というのは、私にとって何か特別な日なのかも知れません。」

 

記者「さて早速ですが、今回発表されたドイツの代表メンバーですが・・・。」

 

nari「こちらですね。あわせてジーコは、もうスタメン発表をしているようです。」

 

<予想布陣>

      横浜門旗  fever隊日記

    マツの周り〜       Under〜

       3ハロン  トリパラ

マリログ  世界の(ry  芝えび   Bootleg

          ブロアサ

<スタメン>

GK 1.ブログdeアサシン(ズ)~夢の超特急と横浜F・マリノス

DF 21.*Bootleg05*(右SB)

DF 22.芝えびの尻尾

DF 5.世界の(ry

DF 14.マリログ(左SB)

MF 7.トリパラ・ブログ(DMF)

MF 4.上がり3ハロン32秒9。(DMF)

MF 8.Under the Tricolor

MF 18.マツの周りの出来事

FW 9.横浜門旗

FW 11.fever隊日記

<サブ>

GK 23.横浜無敵艦隊司令部 ☆☆☆ 「王座奪還」

DF 3.横浜刹那主義

DF 35.cafe*35* 河合竜二 blog

MF 15.マリノスとマリノス

MF 16.濱風〜Marinos la blog〜

MF 17.tricoHOLIC☆☆☆

FW 13.やんやん日記。。

FW 20.MTTコモモクルーズ

 

# 23人いなかったり、背番号バラバラだったりしますが気にせず、、、。

 

 

記者「え・・・?」

 

nari「GKおよびディフェンスリーダーは、昨年同様ブロアサ世界の(ry。能力はもちろん、継続して発揮している力が、DFラインの安定に繋がっている。

芝えびは、昨年は銀座FC・大宮との掛け持ちが懸念されたが、今年横浜Fマリノスへの完全移籍を果たしたことでプレー機会も増え安定した。

右サイドバックは*Bootleg05*。若いが好感の持てる文章・熱さと柔らかさが、ジーコの求める右サイドバック(ふんわりクロスの人)に合致したようだ。

そして左サイドバックはマリログ。本人がこの役を引き受けてくれるかどうかだが、効果的な上がり、精度の高いクロスを上げてくれるに違いない。」

 

記者「えっと・・・。」

 

nari「中盤のボランチ2枚はトリパラブログと上がり3ハロン。

トリパラブログはトリパラ文化を引っ張ったようにチームのカラーを作る役目。フロント・サポ両方へ向けたメッセージがチームを盛り上げる。

上がり3ハロンはいわゆる潰し屋。きわどいプレーも多いが、必要な選手。その考察力・洞察力に裏打ちされたものであることをジーコは評価しているようだ。

前線との繋ぎはUnder〜とマツの周りの出来事。

Under〜は待望の選出、正面からだけでなくかわしていなすプレーも定評、技術が光る。

マツの周りの出来事は、昨年から一気に伸びた選手。チームへ新しいムーブメントを作っている。そしてオシャレ。」

 

記者「はぁ。」

 

nari「そしてFW。2トップの軸は、昨年同様エース横浜門旗。もう言及の必要のないエースストライカー。何よりプレーの幅が大変広く、質も高い。

もう1人はfever隊日記。昨年はfever pitch単独であったが、fever隊日記での出場が可能になった。ビジュアルプロジェクト等の実績もさることながら、隊員日記の熱さも伝わってくる。」

 

記者「・・・。」

 

nari「サブ。まず横浜無敵艦隊司令部も待望の代表入り。写真と熱い文章とのバランスが良くなったか。

横浜刹那主義も代表入りが期待されていた選手。元々実力のある選手、自クラブに専念できるようになり、コンディションを上げてくるのではないか。厳しいディフェンスが持ち味。

マリノスとマリノスは新しい選手だが、横浜→大分→万博→横浜という行程をこなすそのスタミナは感嘆。後半投入でのかき回しを期待している。

tricoHOLIC☆☆☆は、サポエントリ・ミーハーエントリ(失礼)と、どの選手・どのプレー・どのチームでもあわせられる連携がすばらしい。

MTTコモモクルーズはとても若い選手。独特のプレースタイルながら、しっかりした信念が感じられる。」

 

記者「・・・。」

 

nari「また、怪我で出遅れている濱風。ようやく復帰の目処が見られ、これからの巻き返しが見られると思う。

そしてやんやん日記cafe*35* 河合竜二 blogマグロンユサンチョルへの思い・行動からも分かるように、両者とも気持ちで負けない選手。そういう選手がここぞという場面で必要になる。」

 

記者「・・・。」

 

nari「また、スタッフとしてすべては勝利の為にとLooseBlogの2名を。すべては勝利の為には、試合情報のスカウティング能力が高く、とても助かっている。また、LooseBlogの戦力眼をチームへ反映してよい方向に向かうことを望んでいる。」

 

記者「・・・。」

 

nari「最後に、岡ちゃん語録?レモ茶のお絵かき日記。が、本大会目前で引退となった。2名ともすばらしい才能の持ち主で、マリブロ界にとって大きな痛手となったのは間違いない。決断をしたことはとても残念であるが、2名のこれからのサッカー人生をいつまでも応援したい。」

 

記者「・・・最後に一言。」

 

nari「これ以外にもたくさんの選手(ブログ)が代表当落線上にあり、選出が叶わなかった選手に対しては申し訳なく思っている。次回、ユース限定での選出なども検討したい。

そして、これからもFMBHをよろしく!」

 

Today is April 1st. :-)

 

# 試合前日深夜のエントリとして大変微妙だとの認識もあったのですが、どうぞご容赦下さい。

© narilog