読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

見事にはめられ、完敗。 【2006 Jリーグ 第5節(vs浦和)、1 vs 3】

20060325-1.jpg

 

本当に見事な試合運びをされての完敗。悔しさが溢れる。

 

横浜F・マリノス Official Web Site

岡田 武史 監督(横浜 F・マリノス)

きょうのレッズのディフェンスは、本当に素晴らしかった。とくにボールへの執着心、トップを含めての全員の守備が素晴らしかった。ウチはもう少しできたとは思うが、プレッシャーがきついために足が止まってしまって、苦しまぎれに送るパスが多かった。

1−3という結果だが、攻撃において、もう少し選手の力を出させてやりたかった。

失点したことで前がかりにならざるを得なかった。

ただシーズンは、まだまだ始まったばかり。いままで簡単に点が取れて、何とかなるという感じだったが、強いチームを相手にすれば、そう簡単に点は入らない。これで目が覚めてくれればいい。

 

レッズディフェンスは本当に素晴らしかった。

闘莉王は相変わらずの対人の強さと効果的な上がりのタイミングで中盤にもプレッシャーを与える。

坪井の読み+スピードという武器は、この試合で初めて認識したとともに感嘆。

堀之内からもタックルなど、気迫が見れるプレーが随所に。

左サイドも鈴木ケイタ・山田に抑えられる。かなり厳しい戦いが前半から見てとれた。

 

そんな中、こちらの守備の集中力もあり、浦和はワシントンへのハイボールが目立ち(勇蔵がここは抑える)、攻めのバリエーションではこちらに分があった前半。

しかし重たい1点。セットプレー。

 

松田 直樹

大島のゴールでいけるとも思ったが、完敗です。2点目の失点は、自分がしっかりしていれば防げた。自分自身、まだまだ勉強しなければならないと思った。

 

そして2失点目。カウンター、ポンテのヒールで勝負あり。松田がかわされ2点目。

 

その後は即パワープレー。

ハユマの投入意図は?左がダメな時の右では?

完全に中盤省略し、ディフェンスラインからのクリアーを再三拾われカウンターの嵐。

人数足りずにプレッシャーの中、パスの出し先も無く、ミスも多い。

完全に術中に嵌る。

 

ドゥトラ

F・マリノスより、いいプレーをしたレッズは勝つべくして勝ったと思う。先に点を取られて、前がかりにならざるを得なかった。今後は、強い相手に対しても、自分たちのサッカーができるようにしなければならない。

中澤 佑二

前半残り5分、後半の立ち上がりの5分の集中力が欠けていた。ウチの弱いところをレッズにうまく突かれた。レッズのディフェンスの意識の高さは、自分たちも参考にしなければならない。ワシントンにはゼロックスと同じような形でやられてしまった。きょうの負けを、ただの負けに終わらせたくない。

 

きょうの負けを、ただの負けに終わらせたくない。

© narilog