読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

現状のベストで勝利、現状のベストで準決勝敗退【2005 ナビスコ準決勝2nd(vsG大阪)1 vs 0 → PK 1 vs 4】

20051005-aisatsu.jpg

 

ドゥトラ

90分、延長戦を通して相手に決定的なチャンスを作らせず、逆に自分たちはチャンスをたくさんつくることができた。90分で勝たなければならない試合だった。勝負は時の運、PK戦でも気持ちでは負けていなかった。勝ちたいという気持ちが、僅かに相手が上回っていたのだろう。

 

藤ヶ谷、当たりスギ。。。

 

の一言。悔しい。ボンバーのドフリー、山瀬の中央でのシュート、大橋、那須、坂田にも惜しい場面。

3 vs 0でも勝てた試合。

 

チャンピオンシップ仕様ながら、シジクレイ側じゃなけりゃハイボール競れる、こぼれを奥・大橋が絡める。

そして先制の那須ヘッドすごすぎ。那須は守備も押上タイミングもはまってた。1ボランチ3バックが、マリノス側としてははまってた。2人のトップ下も、前回やられたパス供給陣のガンバMF陣をカバー。

 

決定機を決めきれず、PK。山瀬、大橋が止められ、ガンバ4人連続成功で試合終了。

 

20051005-chokugo.jpg

 

 

残念。だが、いまの現状では精一杯。決定力不足。

現状のベストを尽くして、首位ガンバに、何もさせず、完璧な勝利。

現状のベストを尽くして、ナビスコカップ、準決勝敗退。

 

ハユマや那須、グラウをはじめ、再び闘う姿勢を見せてくれた選手に、拍手。

 

結果だけみれば拍手はアレだけど、ここからまた這い上がろう。

浦和戦後の大分戦のこともある。

 

この次が大切さ。

 

# 本日は、N12〜N13の間からお送りしましたー。

 

--

おまけ:ムック!ムックゥー!

 

20051005-mooc.jpg

© narilog