narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

ACL 2005 第1節(vs山東魯能秦山)、 0 vs 1。悪い流れの打開はまだか。

20050309-1.jpg

 チャンスをなかなかゴールに結び付けられないF・マリノスは、67分にコーナーキックから失点を喫してしまう。

 80分、相手がひとり退場となりパワープレー。中西を前線に上げてスリートップとした。しかし、何度も訪れたチャンスをものにすることができず、F・マリノスACLも黒星からのスタートとなった。

4連敗。

過去2試合と同じ展開。

攻めまくり、キープしまくりも、相手の守備意識が高くてそれを打開できず、フィニッシュにつなげられず、またシュートが打てても枠に行かず。

そのまま耐えられ、セットプレーなど1発にやられる・・・。

現状打破に、欲しいのは、まず1点、FWによる1点だ。

後半バタバタしてしまうことが出てきている。今日は終盤ミスが目立った。中澤、ドゥトラまでも。

大島がポストのみだけでなく、これまでよりだいぶ前への意識、シュートへの意識、周りとの連携が出てきたのは好材料。あとは奥のプレーか。

哲也はとても安心して見られました。選手は相手のラフプレーにも冷静に対処。良い点も多かった。

1失点。アウェイで取り替えそう。

アジアを勝ち取ろう。

エッフーマリーノス!

エッフーマリーノス!

エッフーマリーノス!

エッフーマリーノス!

© narilog