読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

天皇杯5回戦(vsザスパ草津)、1 vs 2 Vゴール負け。非情に、ブーイング。

TV観戦。

草津2選手退場で数的有利、足を引きずりながらプレーする小島、ハユマのペナルティーエリアでのタックルも見逃してもらいながらも、JFLチームに延長Vゴール負け。

心情的には、あれだけのチャンピオンシップの後の中3日、仙台での試合でモチベーションを保てというのは酷。怪我人が増え、普段レギュラーは3人だけ。しかも栗原負傷退場で、ハユマ中央の3バック。まともに試合を組み立てられる状況ではなかっただろう。

実力差のあるチーム、初対戦のチームとやるやり辛さもあっただろう。

去年の市船との試合を思い出す。

でもその時に比べ、試合内容では一部選手を除いて闘っている姿勢は見えた。

しかし、我らはJリーグチャンピオン。日本のサッカーというものの、世間に対する目という意味でも、ダメージが大きくないか?

「来年Jリーグ入りのザスパ草津が、Jリーグチャンピオンに勝ちました!」たとえ1.5軍とはいえ、2部下のチームに敗退。

草津は決勝点の依田選手をはじめ、気持ちが入ったいい選手が多かった。そりゃあ足引きずってもジャンプして止めちゃうオッサンが一番後ろにいたら、手は抜けないなぁ。

恐れず前線からプレス。宮川選手のシュートはタイミングのいいシュートだった。直前までバタバタした那須・栗原・哲也らが間接的に原因となった失点ともいえるだろうが。

後半、2枚目のイエローを主審の手から叩き落したザスパ・山口選手の行動に、彼らの本気の気持ちが見えた。ザスパ、とてもいいチームでした。

やりきれない、やりきれない。

チーム状況を思うと、とても辛いのだけれど、僕は非情にブーイング。なんとも。

© narilog