narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

いまさらですが、僕はバクスタ。

先日の埼玉スタジアム、人生2度目のゴール裏でした。1度目はほぼ地蔵といっても過言ではなかったですが(^^;

んで、2度目は最前線ではなかったですが立って応援。当時とは、F.マリノスというチームへの想いが違うので、歌い手を叩きました。正直、分かれ目的なゾーンだったので、歌が途切れたり、拍手が鳴り止むことも多かったです。でも、こんなゴール裏初心者ですが、「いま歌うんだ!」「いま手を叩くんだ!」と、僕なりにやってみました。ゴール裏の方々の問題意識というものについて、まったくの検討違いなのかもしれませんが、何か感じるものがありました。

僕はバクスタ観戦をします。

俯瞰で眺めて、上から見て「そこしかねーだろ」な場所へ通るパス、飛び出しのタイミング、いまのファールだろ!、いまのはファールだろ!って言いたいけどファールじゃないなぁ、とか見るのが好きです。

まつだーーーー!!なおきーーー!!キターーーー!!とか叫んで立ち上がるのが好きです。

一方で、手を打ったり、歌を歌ったり、そういう雰囲気も好きだし、何より選手に声・音を届けることにも共感します。

僕はバクスタで観戦。それが優先のようです。

ですが、2階で見るから手を叩いたり、歌を歌ったりが出来ないわけではなく。(2階バクスタ中央よりには、大きく拍手する人も)

徐々に手を叩いていこう。歌を歌っていこう。ゲーフラもタイミングによっては揚げられよう。

(優勝時なんて、kozyゲーフラは歓迎されてたし!

いつか、横国のバックスタンドでも誰にも邪魔されず、そこかしこで

旗が振られゲーフラが掲げられるそのような日が来る日を信じています。

正直な話をすると、こういうことを書くことにも不安があります。アンテナ的なサイトをやっている手前、変に自己主張して何かあっては、、、なんてことも想像するくらい(苦笑

ですが、せっかくのblog、主張あってのblogですからね。

お互いを尊重するためには、まず自分を明らかにすることからでしょうから。

いろいろ考えたり、お仕事ばっかりだったりで、いまさらながらのエントリーですが、いま思うことはこんな感じなのです。

© narilog