narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

J1 1st 9節(vs 東京V)、3 vs 1 辛勝!

20040509-10.jpg

 J1第1ステージ第9節(9日、横浜国際総合競技場ほか)横浜Mは東京Vに貫禄勝ち。同点の後半ロスタイムにMF佐藤由紀彦(27)、FW安貞桓(28)が連続ゴールを決めて3−1で撃破した。16歳のFW森本フィーバーを封殺し、残り1試合多く残した状態で暫定3位に浮上した。

きたねぇよ、ロスタイムにあんな劇的な展開、それまでのジリジリ試合展開も忘れてしまいそうだったし(苦笑

いやぁ〜、そういう意味では最後にスカッと、気持ちいい試合だった!

以下、観戦記。

横浜開港祭のマスコット、ハマー来場。

20040509-1.jpg

あ、あやしすぎるマスコット、、、。オシャレじゃない横浜を見た気がした、、、。

ただ歩くだけ、しかも愛想振りまきながらの横歩き(またぎ歩き)が気持ち悪さをかもし出してたなぁ。

マリノス君も負けられないとばかり、雨の中 転げ回る。

20040509-3.jpg

charも来場。選手紹介・入場曲の提供に加え、チームテーマソングを作曲中とのこと。夏に披露らしいです。ってか、左伴社長の趣味だろ。

とはいえ、会場に挨拶、渡したレプリカユニを颯爽と着る所なんて、とても好感が持てました

20040509-2.jpg

スタメン。

20040509-5.jpg

那須・中西・松田のスリーバック。那須の扱いが、今後ほんとうに難しそう、、、。サンチョル兄さんのボランチは正直思っていたほどでも無いように見えるけどなぁ。気合いは注入してるが。

ユキヒコベンチで右サイドは遠藤。ユキヒコよりもさらに孤立の予感、、、。

そしてFWが坂田・安。久保は怪我とのこと。

★久保、右ひざ痛を訴え、東京V戦を欠場

 横浜Mの日本代表FW久保竜彦(27)が右ひざ痛を訴え、9日の東京V戦(横浜国)を急きょ欠場した。スタンド観戦した久保は「きのう(8日)の練習中に痛みを感じた。けさも違和感が…」と足早にスタジアムを後にした。

うむむ。磐田戦がぁ。

キックオフ。

20040509-4.jpg

前半はやっぱり動き出しというか、相手のプレッシャーに押されるというか。サッカーってそういうものかも知れんが。

ロングフィードもアンに納まらず。那須の不自然ヘディング炸裂!も枠に飛ばず。

左サイドを小林 慶行や米山(DFなんだよなぁ、やたら攻撃に絡んでた、知識不足です)に攻められ、お疲れでもあろうドゥトラが上がれない。

シュートは出るものの、ディフェンダーに阻まれるものも多かったが、前半終了間際、上野が左に開いてえぐってセンタリング→アン!?と思いきや遠藤のヘディング!

スタジアムからは「アーンジョンファン!」コール。場内アナウンスで「ただいまのゴールは、、、遠藤彰弘選手です!」で微妙な空気(w

渋いコンビでのゴール。ボランチのセンタリングを左サイドMFが決めるって嬉しい!

ハーフタイム。

今日の抽選では、発泡酒(サッポロ?)の抽選もあり、キャンペーンガールさん(大友みなみさん?)が来場。しかもビキニでした。。。雨交じりのとても寒い中。

20040509-6.jpg

こちら遠目の後姿。ほんと寒そうでしたが、きびきびとPR。すげぇ、プロでした、尊敬。

20040509-7.jpg

後半。キックオフ前、交代出場のエムボマがリフティング中。ポストプレーがさえまくりでした。デカイし飛ぶしヘディング正確だし。

20040509-8.jpg

後半は一気に縦の展開が多くなる。坂田・アンともに走る、流れる。

特にアンは再三流れてサイドを抜け出し、中央への決定的な折り返しを何本も見せる。

こういう選手なのかぁ、と思ったり。かなりチャンスメイク好きでしょうか、彼は。タイミングよく走らせるようなパスが多かったので、久保よりやっぱ坂田や清水と組んだ方が良さそうだなぁ、、、。

と展開はよくなるものの、決定機も決められず、やたら多かったコーナーキック(12本)もほとんど生かせず。

アン→ファーへグラウンダー性のクロス→坂田シュート、なんてとても綺麗な流れ(文面じゃ伝わらんなぁ)も、キーパー正面、というか坂田決めろよ!(苦笑

そんな中、左サイドを突破され、ドゥトラのスライディングかわされ、マイナスのクロスに米山シュート。綺麗な展開でしたよ、、、。

これで同点。

そしてついに、、、森本キターーーーーーー!!

20040509-9.jpg

同点前にDFと交代で準備できていたけど、同点になったことでいったん様子見?FW同士での交代で出場。

しかし途中出場の中澤、さらには松田も徹底的に止めに行く。いじめろいじめろ!正直森本入ってからは、コワイ場面無く。よしよし。

松田はフィード、というかパスもすばらしく、攻撃に再三からむ(カウンターでアンの後ろから一番にやってきていたり!てかパス出せよアンジョンファン。)も、点は入らず。

どんどん時間がたってロスタイム。4分。

したらば!

ドゥトラが持ち込んでのグラウンダーのクロス。

キーパーの手元をすり抜けたボールは、あっちゃこっちゃ(というかヴェルディDF陣)にあたって、途中出場のユキヒコが押し込む!ロスタイムに勝ち越し!!!!!!!!!!!うぉおおおおおおおお!!!!!

スクリーンでのリプレイを見ていたら、「オー!」という歓声、グラウンドを見るとなんとアンがキーパーと1対1。かわして冷静にシュート!!

ロスタイムに強すぎ!!!!!!去年を思い出す!!!!!!!!

勝ったぞー!!!!!!!!!!!

という記憶しか残ってません(w

正直あんまいい試合内容ではなかったかと思うけども、このメンバー・日程できっちり最後には勝てたことが、大きい!

♪ウーーーーー、オイッ!

20040509-10.jpg

お疲れでした!

【松田 直樹】

チームとして、この3−1は大きい。個人的には疲れがたまってきて集中力が落ちやすくなって入るが、昨年ケガで出られなかったことを思えば、そんなことは言ってられない。どんな試合でもチームのため、サポーターのため、そして自分のためにやらなくてはいけないと心得ています。だから、どんなフォーメーションでもどんな戦術でも構いません。ジュビロのことを意識する前に、誰が出ても勝てるサッカーをするようにしたい。

しびれるねぇ!

そして、今日はおいしいところを持っていった、最近恵まれてなかった人。

20040509-11.jpg

そのコメント。

【佐藤 由紀彦】

やっぱり、数字というか結果です。いくら内容が良くとも、ゴールかアシストと得点を記録しないと十分なアピールとはならない。常に頭から出たい気持ちは持っているけど、この状況から逃げずにやっていくことで、さらなる成長につなげたい。サイドからのクロッサーではなく、ペナルティエリア内でゴールに絡むのも自分のスタイル。というかこのほうがボクの本来のスタイルだと思っている。とにかく、きょうはチームの勝ち点3に貢献できてうれしい。

えっと、「ペナルティエリア内でゴールに絡むのも自分のスタイル」ってのはほんとですか!?

今年の動きを見るとそう思えますが。去年はクロスに徹していた、ということか?

でも、こういう発言はとても頼もしいですね。もう自分は最近ユキヒコ狂いです。

© narilog