narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

アテネ五輪アジア最終予選、初戦ドロー

 アトランタシドニーに続く3大会連続の五輪出場を目指す日本は、序盤に注目の高校生FW平山(長崎・国見高)が決定的シュートを放ったが決まらず、後半はゴール前を固めるバーレーンの守備を攻めあぐねた。

ドローでしたね。初戦だし、まぁあまりこの結果を気にしてもしょうがないかな、とか。及第点のドローなんだから。

とはいえ、いくつか自分が感じたのは、

・松井最高。見てておもしろすぎる。。。そしてNIKEのシューズがかっこいい。

・徳永・菊池、アグレッシブで気持ちよい右サイド。石川が最初からアテネ組でやってたらどうなってたのかなぁ。

・山瀬、途中出場でもすごい苦しそう?(暑さにやられた?)だったなぁ。まともにプレーできてなかった。

・翌日の報道は「平山がブレーキ」「平山にキレなし」って、なんだかひでぇな。そのくせ「日本の未来、平山を潰すな!」なんていってたりするし。

あと、

変なタイミングでパスをカットされたり、ボールを取られたり、そういうイージーなミスをなくしていかないと、次でいい結果は出ないと思う」

って、それはおめーだろ、と(苦笑

那須と今野の間を通され、決定機を作られたのもトゥーリオの上がり→パスミスのカウンターだし。

上がるのが悪いとは思わないが、ちょっとあれはないだろ、と。受け手など、トゥーリオだけの問題ではないだろうが。

この試合、那須も負けずに左サイドを駆け上がってたなぁ。持ちつ持たれつ、で。というか、今野の負担がデカイのか(笑

© narilog