narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

ACL第2戦(vs ペルシク・ケディリ)、快勝!

今年最初の国内公式戦。

平日でしたが、はやめに切り上げ、三ツ沢へ行って来ました!

DSC00007.JPG

さ、寒い、、、。

んで、

 サッカーのアジアクラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグは24日、神奈川・三ツ沢球技場で1次リーグG組の横浜M−ペルシク・ケディリインドネシア)戦を行い、横浜Mが4−0(前半2−0)で快勝、通算2戦2勝とした。

おっしゃー!

ひさしぶりの試合で、サポーターの期待でいっぱいな雰囲気。

なんか、すごいほのぼのとした?雰囲気でした。

DSC00004.JPG

気合い入ってました。

ユース3人と若手で臨むF・マリノス。自分的にはセレッソから加入の原を注目してましたが、左ボランチで、、、うーん、よくわかりませんでした(^^;

試合は、序盤ロングボールを放り込む展開。そこから北野が2得点(相手DFのクリアミスから?とセットプレーのこぼれ球?)。どちらもキレイな得点ではなかったように思えたけども、北野がすごい必死というか、積極的に動き回ってかき回してて。すごい見てて気持ちよかった。

後半開始直後、ペルシク・ケディリのペース。

そこを耐えるとあとは完全にF・マリノスペース。山瀬や山崎の、長短のパスがきれいに繋がり始める。

3点目は山崎がペナルティエリア内で祐大朗とワンツー。キーパーとの1対1を冷静に決める。かっこよかった。

とどめの4点目は、北野のヘッドがポストにあたり、そのこぼれ球を祐大朗がDFともつれながらダイビングヘッド(というか、スライディングヘッド)。気迫!気迫でした!うぉー、祐大朗!!

そして、後半30分すぎ、ついに松田直樹登場。

フリーキック蹴りまくり。ロングシュートを狙うもゴロゴロでDFクリアー。3バックの左っぽかったが、いつのまにやらボランチっぽくど真ん中に陣取ったり。やんちゃぶりが見えてスゴイ嬉しかった(笑

ACL第2戦、最終的に怪我もなく、気迫あふれるプレーで、完勝。よしよしよーし!

岡田監督のコメントにもありますが、

決して素晴らしいサッカーではないかもしれないが、ひたむきに前にボールを運び、ゴールに向かって最後まで一生懸命のサッカーをしてくれた。彼らは、よく頑張ってくれた。

まさしく岡ちゃんの言う通り。とてもすがすがしい試合でした。

DSC00016.JPG

大差の勝利だったので、ちょっと最後はほのぼの感がありましたが、年明けホーム初戦として、とてもいい試合でした。

あー、早く緊張感たっぷりのガチガチ公式戦が見たい!!

© narilog