narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

くるり「ロックンロール」購入(初回ワンゲル・東京DVD付き)

ロックンロール

本日購入、くるり新譜「ロックンロール」。

(そういえば、武道館公演、無事当選でした>quruli氏、あきこ。よかったよかった。)

1,000円で去年の百鬼夜行ツアーのライブDVD付き!(しかも、くるりアンセム的な、ワンダーフォーゲル&東京)

売りにきてるな、くるり

1. ロックンロール:

最っ高っす!!イントロがカッコよすぎ!(なんかのパクリじゃないですよね、、、岸田さん)

に「ゴダイゴっぽい」なんて口走ってましたが、全体で聴くと印象が全然ちがうなぁ。なんというか、すごい明るい曲(音)。

HowToGoはすごい心の深いところの曲っぽくて(音も)、ハイウェイはなんだかすごくふんわりした曲(何度も思うが「水中モーター」の別バージョンに聞こえるが、、、)で。

アルバム前の3曲目がこんなにふんわりした曲で、それぞれくるりらしい曲層の違いを出してきて。

WorldIsMineを好きになれなかった自分としては、「アンテナ」に期待が持てますです。

2. さよなら春の日:

くるりが得意そうな、ノスタルジックなスローな感じ。ストリングスがふんだんに使われてて、なんだかイギリスっぽい(頭悪い表現)

DVD1. ワンダーフォーゲル

ライブ観客の跳ね具合がいい感じ。

岸田の”ハローもぉー グッ↑バイもーぉー”の所に、グッと。

そしてクリストファーのシャカシャカドラムセットプレーに釘付け。岸田だけでも見てて飽きない(首クネクネがばっちり堪能できる)のに、後ろのドラムにも目が。

くるりは映像付きが絶対いいなこりゃ。いやー、見たら元気になるねこりゃ。

DVD2. 東京:

このライブ映像だと、すごいベースの音がしみわたります、、、。自分的には達身のギターはキュンキュンやりすぎな気がちょっと(いや、ほんとにちょっと)。

岸田アップしまくり。しかもさまざまな角度から。しげ〜るマニアは必見ですな。

DVDがお得すぎる、、、。

関係ないが、帯の裏にこれまで発表した曲名が全部載ってて、「next song coming soon ......」って。何気なく裏見て、何気にびっくり。

© narilog