narilog

マリノスな日々blog。日産スタジアムは、2階バクスタ〜N25 あたりからお届け。Since Nov 2, 2003.

すごいもん見せられました@三ツ沢 (F・マリノスvs市船)

行ってきました三ツ沢。

完全優勝後の初戦、サブ中心のサッカー具合と、カレンら市船をぼっこぼこにしてくれるのを期待して、、、。

初三ツ沢だったのですが、芝も凄い綺麗で、

さらに選手も間近。

環境もいいし、点もぼっこぼこ入るだろうし、こりゃさぞかし楽しい観戦となるかと思いきや、、、

14日、天皇杯3回戦が各地で行われた。注目の一戦、三ツ沢での市立船橋高校対横浜F・マリノスは、延長戦でも決着がつかず、ペナルティーキック合戦に突入。4−1でJリーグ年間王者の横浜F・マリノスが、からくも高校チャンピオンの市立船橋を下し、4回戦に進んだ。

大ブーイングな試合内容!!!ブー!ブー!

オイ!闘え横浜!!!!!

怒りのあまり、長文のレポートへ。

スタメンは、

 GK:下川

 DF:波戸(!)・河合・那須ドゥトラ

 MF:遠藤・上野・ユキヒコ・大橋

 FW:清水・安永

というメンバー。

前半、立て続けに2点を先制する。

でも、この2点も、ゴール前の混戦で安永が「押し込んどけ!」って感じのゴールと、コーナーキックのこぼれ球を河合がこれまた「よいしょ!」って入れた感じで、なんだか強さを感じさせないゴール。

まぁ、どんなゴールでも、それで勝ちさえすればいいんだろうけど、なんだかこういった得点が、この後の展開を予感していたような、、、。

で、早々と2点取ったものの、その後はまったく!攻めきれない。2点取るまでは結構ガツガツいってたし、復帰の波戸も積極的に攻撃参加していたが、なんだか手を抜いた分けではないんだろうけど、「まぁ、こんなもんで」っぽい雰囲気。

前半終盤になると、サポーターからもちらほら野次が飛びはじめる。

そのまま前半終了。ボールは支配しているものの、手詰まり感たっぷり。

後半開始。

なんだか選手がバタバタしだす。。。なんでだよ!

特にレギュラー組の遠藤・そしてユキヒコ(かなり最悪!)が、中途半端なプレー、トラップ・パスミス続出。ドゥトラとCBに入った那須が引き締めるものの、なぜか市船ペース。

サポーターのイライラも募り、ブーイングも出始め(自分含む)、まずーい雰囲気。

そして、後半24分、F・マリノスゴール前に上がったクロスを下川ファンブル!?それを押し込まれ1点差。喜びまくる市船側と、信じられないF・マリノスサポーター。

これで完全に市船ペースとなり、後半39分にはカレンが左サイドをDF2人(3人?)を振り切ってのクロスに合わせられ同点!!!???振り切られるって、オイ、、、。

終了間際まで猛攻?をするF・マリノス

でも、パワープレーばっか。。。

(そしてユキヒコのプレーはさえない、、、。)

逆に市船に攻め込まれるシーンも多数。ハラハラ、というかほんとイライラしっぱなし。おまえら日本最高峰リーグのチャンピオンだろ!

終了前に市船に退場者が出て、そのまま終了。

11人のプロ(チャンピオン)vs10人の高校生、という図式での延長戦。

なんてむなしい、というか、悲しい、というか。Jリーグのレベルうんぬんの話になるんだろうなぁ。それもF・マリノスのこの試合がきっかけで、、、。

もうわけわからん精神状態(さっさと決めろ、とか、もういいから市船勝っちまえ、とか)で、延長戦。ブーイングだらけでもうどうしようもない感じ。ドゥトラのみ奮闘。

本橋、大橋ともにまったく機能せず、というか戦う姿勢見えず。高校生相手にびびってんじゃねーよ!逆に勝負してプレッシャーかけろよ!

契約解除の佐藤一樹がユキヒコに代わり出場。多少ミスはあったものの、堅実にいいプレーをしてたのが印象的。

そして、、、

1214-PICT0048.JPG

PK戦突入(苦笑

オイオイ、相手は高校生、しかも10人だぜ。。。それもほとんどの選手が足つってる状態だってのに、、、。

最後は、那須ドゥトラ・河合・佐藤一樹がきっちり決め、下川が2本止めて終了。

ほんと、複雑な気分。勝ちが決まった瞬間は喜んでしまったが、すぐにこれってなんなんだ、って複雑な心境。

試合終了後、サポーター総立ちの大ブーイング大会(笑←いや、もう笑うしかなかった。

それでも、今日のキャプテン那須をはじめ、挨拶に来たので、だいぶ救われました。これだけブーイングを自ら浴びて、今後につなげるという気持ちだと勝手に思っておきます。

直後、F・マリノスゴール裏から「イチリツフナバシ!」コール。

それが伝播し、大「イチリツフナバシ!」コールへ。それを聞いた市船イレブンは、律儀に挨拶へ(笑

最初はF・マリノスイレブンへの皮肉・あてつけ的な感じだったと思うんだけど、挨拶にこられると、なんだかすがすがしく、「おまえら良くやった」と素直に思ったり。いやよくやった。

会場中から拍手、拍手。この出来事も、ある意味救われた。

なにはともあれ、今後、ほんと、ほんとに忘れられない試合だろうな、、、。

今後の天皇杯の試合ぶり、そしてもちろん勝利で、こんなにがっかりしたサポーター達に答えを出して欲しい。もちろん、これだけ裏切られたものの、次が問題。自分はF・マリノスを見続けるだろう、、、。

© narilog